町田の葬儀と他地域の葬儀場との違い

町田という街は、近年ランキングで上位にランクインするほどの人気の街で大きな街です。そのため人口も多く、多くの世代が暮らしています。特に高齢者も多く2050年までに4人に1人が後期高齢者になると言われています。こういったことから、今話題になっている終活や葬儀について下調べをしている人も多いかと思われます。葬儀にはどんな準備ができるか、気になる費用はどのくらいなのかを紹介します。まず、費用についてですが全国の葬儀の平均は約188万円です。町田のある関東では236万と言われており高額になっています。高齢者が多いことや、儀式としてかける金額が地域によって違うことはままありますので、平均の費用ではありますが念頭に入れて葬儀場を選ぶようにしておくと、内容と葬儀場の金額設定が分かりやすくなると思います。

葬儀費用の内訳と決めるべきプランは

訃報があった場合、すぐに頭を切り替えて手配をしなければならないことがたくさんありますが、大切な人の最後の締めくくりとして内容を知っておきましょう。葬儀にかかる費用の内訳は、儀式にかかる費用が約5割、参列者に対しての飲食費や返礼品に2から3割、宗教者に対してのお布施や飲食代が残りの2から3割と言われています。もちろん、参列者の人数によっても大きく変わりますが、大体このくらいの割合ということを頭に入れておくと、全体の費用がわかりやすいです。また他に決めるべきことは、葬儀社に遺体の引取りを頼む、参列者への連絡、遺影選び、費用の話し合いなどです。また儀式のプランだけでなく花の量やセレモニーなどによっても価格は変動します。町田の葬儀社も数多くありますので、プランをよく見定めて決めることで、葬儀の質と費用が合わないということもありえるので注意しましょう。

あまり費用がかけられないという人に必見

町田で葬儀が行える葬儀場は20か所ほどあります。インターネットを使って同時に資料請求ができるサイトなどもあるので、価格を比較してみることもおすすめです。また、葬儀が終わったら火葬場まで参列者と移動することが多いですが、この移動にコストがかかることがあります。そのため火葬場が併設された葬儀場を選ぶことでコストカットができます。さまざまなものを自主手配するという選択肢もあります。町田には市のサービスに、祭壇などの葬儀に必要なものを安価でレンタルできるものがあり、これを利用する方法です。霊柩車の手配や生花などについては専門の業者を紹介してくれます。すべてを手配することは手間がかかるという場合には、葬儀社との話し合いの中でこういったサービスが利用できるのか確認することもできます。費用を抑えたいという場合にもってこいのサービスです。